御供田幸子さんの「まち巡りバラエティー」

金沢ケーブルテレビの企画で、御供田幸子さんと浪花千秋さんが木曳野校下、寺中町等を取材に訪れました。
4月1日(月)午後8時半より、金沢ケーブルテレビ(9ch)にて放映されます。

一部のみをコチラから、ご覧頂けます。

北國新聞記事

3/26北國新聞記事

御供田幸子_寺中町を歩く!

3月12日、御供田幸子が金沢ケーブルテレビの取材で寺中町を訪れた。
あいにくの雨の中、9時過ぎに大徳公民館でテレビ局のディレクターと御供田幸子さんを出迎えた。ここでは金石往還が作られたときの話と電車と松並木の話をした。
その後、寺中昭和橋に移動し、木曳川が名前の由来の通り『木を曳いて尾山(金沢)に運んでいた川』であったこと、鯉の産卵場所であること、アマゾン川の支流ポロロッカと同じで『川が逆流する現象』の説明をした。
そして、寺中町倉庫に収められている獅子頭(金沢市指定文化財)を見せ、また大野湊神社前では井戸の『もっくり』の話をした。

当初は、大野湊神社の絵馬と公園にある安宅弥吉のレリーフに書かれている『鈴木大拙の言葉』を紹介するつもりであったが、テレビ局の都合により、残念ながら次の機会に譲ることになった。

木を城中まで運んだ川

右が松井乗運作、指定文化財