大根寿しの作り方

我が家の正月料理に、「大根寿し」は欠かせないものである。12月の赤穂浪士討ち入りの日に大根を漬け、そして魚(フクラギ)の塩漬けをする。
1週間後には本漬けをする。朝早くに、ご飯を炊き、糀を併せて10時間ほど電気敷毛布の中で発酵させる。夕方に大根に魚を挟み、糀ご飯でサンドイッチ状にして重しを乗せる。
そうすると、丁度正月に間に合う。この食べ物は好き嫌いがあり、最初は糀を除けて食べたが、今では糀が大好きになった。
1月の中頃には全て食べてしまい、また食べたくなり、先日2回目を仕込んだ。大根が堅くなってきたので、厚めに皮むきをしたが、桶を開けるまで美味しいか、心配である。

『大根寿しの作り方』はコチラから
今回は作り方を撮影し、YOU TUBEにアップロードしました。もしチャレンジしたい方は、参考にして下さい。
(2019.2.4)

危険建物_通行注意

旧_能木場木材の車庫

金石街道から図書館へ続く道路の左側にある車庫が危険な状況になっています。 市役所の建築指導課から所有者に連絡をして貰いましたが、所有者は資金の目途がつくまでの間、猶予して欲しいと回答をしてきました。

 

◎風の強い時は、道路の反対側を通るようにして下さい。
◎金沢市は、「頭上注意!」のコーンを立てました。
(2019.2.3)

平成31年度の総会

懇親会の風景

平成31年度の総会が1月27日(日)、80名の参加のもと寺中町会館にて開催された。

本堂町会長は、昨年1月・2月は大雪が降り、一斉除雪デーには大勢の住民が参加し汗を流したこと、また2月から家庭ごみの有料化が開始されるなど大忙しの年であったと挨拶した。

31年度の総会

真剣なまなざしで審議する

議事は活発な意見や質疑がなされ、長時間に及んだが、上程した議案は全て承認された。その後、懇親会が開かれ、久々の顔合わせに話が弾み親睦を深めた。

獅子舞の写真_アクセスコード

獅子舞の写真を見るときは、寺中町会のホームページから入ります。
なお、獅子舞の写真のアクセスコードは”FJYpPnhA“です。
また閲覧パスワードは”U7TFBA2u“です。

家庭ごみのルール違反

ルール違反の家庭ごみについて、地元のテレビ局が特集で放映していました。

用水脇の駐車場の違反ゴミ

違反ゴミ

市から委託された収集業者は、ルール違反ごみにシールを貼っていくが、その後の処置は町会任せで町会の負担になっている。
この町会は違反者を特定し、通報したにも関わらず、市のリサイクル推進課は動こうとしていない。事前の説明会では、ルール違反者に対しては市が注意し、町会には迷惑をかけないと言っていたが、守られていないのは残念だ!
放置しておけば、猫やカラスの食い散らかされて衛生上好ましくない。長くても2日間しかステーションに置くことは出来ない。3日目には必ず市が回収するというルールが必要だ。(2018/9/25)
☆☆☆テレビ局のニュース特集は、こちらから☆☆☆

獅子舞_9月16日巡行

獅子舞は、9月16日(日)に寺中町内を巡行した!

最初の演技
前日の天気予報では、雨模様であったので心配されたが、皆さんの日頃の行ないが良かったせいか、神様に願いが通じたようだ。
早朝5時半より西明寺に次々と集まり、大野湊神社でお祓いを受け、記念写真に収まった。白山社での演技
最初の演技者は、中学生2名で始まった。少し緊張気味であったが、日頃の練習の成果のたまもので落ち着いた演技を見せてくれた。
午前中は金石街道から北側を巡行し、木曳野小学校では校長先生と徳成先生が出迎えてくれた。
囃子方
午後は金石街道より南側を巡行した。途中に少し雨に打たれたときもあったが、すぐに晴れて、順調に進んだ。また演技も慣れて、囃子方・獅子頭の演技者も熱気を帯びてきた。徐々に観客も増え、西明寺では最高潮に達した。
西明寺での動画は、「寺中町会」のホームページで見られます。
(YouTubeから「加賀獅子_寺中町」でもOK。「加賀獅子_寺中町Ⅱ」または「加賀獅子_寺中町Ⅲ」

熱気を帯びてきた演技

一生懸命に練習してきた小学生・中学生を初めとして、多くの演技者と指導者の皆さん、本当にご苦労様でした。
また協賛金を出していただいた企業や、ご寄付をいただいた多くの町民にお礼を申し上げます。有難うございました。

ペタンク大会を開催

投げます

ペタンク大会が8月19日(日)城西体育館で開催された。

思い通りに投げたかな?
例年暑さとも戦いながらのプレーであるが、今年は台風が過ぎた後で涼しささえ感じながら、気持ちよくプレーできた。また参加人数は年々増え、30組90名の大人数となった。コートもこれまでの4面から6面に増やし、試合がスムーズに進むように工夫がなされた。。

アメシロ防除_再開

台風のため9月4日に予定していたアメシロ防除は中止しましたが、再度9月11日(火)に実施いたします。
当日は、窓を閉めて、また洗濯物は屋外に出さないようにお願いします。

なお、雨天などで中止する場合は、寺中町会のブログで確認できます。または090-3766-5735へ電話して下さい。
(9月6日)

サル被害_ついに稲穂を食べる!(8月10日)

8月10日、サルは樫見町の田んぼに侵入し、稲穂まで食べた!

これまでは、ジャガイモ、大根、カボチャ、ネギなど畑の作物が被害に遭っていたが、ついに田んぼにまで入るようになった。
農家は急いで電気柵の設置に追われている。
行政には適格な対策が早急に望まれる。例えば、サルとの緩衝地帯を設置し、侵入するサルには花火の発射、また位置情報が把握できるようにGPS機器などを装着し、緩衝地帯に近づいたら猟友会の人が出動し、威嚇することも必要である。明確にここは駄目だという強い意志を示さなければ、サルは調子に乗ってくる。最悪の場合、一定数の間引きも許されるのではないだろうか。
もう正念場ということを、しっかりと認識すべきであろう。

 

家庭ごみ_ルール違反が収まらない (H30年8月15日)

指定袋の不使用

2月に家庭ごみの有料化が始まり、6ヶ月間が経過しました。
しかし、今尚指定袋を使っていないゴミ出しが見られます。
当然のことながら回収されずに、ステーションに残されます。

燃やすゴミの場合、特に夏場は猫やカラスの格好の餌となり、残滓等が散らばり悪臭が漂います。また後処理のため、班長・理事の負担になっています。

ゴミはきちんと分別すれば、小さい袋でも十分に収まります。特に紙類を分別して、スーパーマーケットや地域の回収拠点に出せば、燃やすごみを減らせます。
※写真の右はオムツ、左は出した人が特定できて、解決しました。

以下のことを守ってお互いの負担を減らしましょう!


 ◎燃やすゴミ、埋め立てゴミは指定袋で出すこと。
 ◎分別方法は、冊子「家庭ごみの分け方・出し方」 に従うこと。分からないときは班長に聞くか、リサイクル推進課に問い合わせること。
 ◎決められた日時と場所を守って出すこと。